会社を辞めるか迷っているなら

会社を辞めるか悩んでいる人はいませんか?

ある調査会社が、いま勤めている会社を辞めるか迷ったことがあるかアンケートで尋ねてみたところ、72%もの人がイエスと答えました。それだけ現在の仕事に不満を持っている人は多いということでしょう。

しかし、ただ嫌だからという理由で勢いに任せて会社を辞めるのは危険です。きちんと計画的に行わなければ、後々予想していなかった問題が噴出して困ることになります。

まずは会社を辞める意志を固める前に、次のことを考えてみてください。超氷河期時代よりも求人数は増えたとはいえ、年齢やキャリアによってはなかなか転職先が決まらないことがあります。

アルバイトや派遣で食いつなぐことはできますが、最終的には正社員として再び働くことができるようになるのか、きちんと考えてみましょう。また、どのような会社に転職しどうなりたいと思っているのかも、合わせて明確にしておいたほうがいいです。会社を辞める理由は人それぞれです。

しかし、仕事内容やポジションが問題である場合は、会社と相談することによって変更してもらえることがあります。人間関係が問題で辞めたくなったときも、転属願を出して別の部署にうつるという方法もあります。

不満があるのでいきなり会社を辞めるのではなく、まずはその問題を退職以外の方法で解決することはできないのか検討してみましょう。

ただつらいから会社を辞めようとしていませんか?

もちろん、なにかしら不満がって会社を辞めるのでしょう。しかし、転職先が必ずしもあなたにあった職場であるとは限りません。自分に完璧にあう職場などないのです。嫌な上司や合わない同僚、やりたくない仕事はどの職場でもあります。

不満ばかりに目を向けていると、転職してもやはり粗ばかりに目が行ってしまい、再び同じことになりかねません。逃げ出したいから辞めるのではなく、こんな風になりたいからと、ポジティブな気持ちでいると転職が成功しやすくなります。

そして、もう一つ重要なことがあります。急に給料をもらえなくなるわけですから、蓄えがなければ干上がってしまうのです。失業保険を期待している人もいるかもしれません。しかし、自分の都合で会社を辞める場合は、退職から4ヶ月ほどたってからお金が振りこまれます。

ゆえに、退職後しばらくは無収入の期間が続くことを覚悟してください。そして給付されるまで待っていると、無職期間が延びてしまい、転職に差し支えてしまうことがあるので注意が必要です。

また、ローンを抱えているなら、その支払いも重くのしかかるでしょう。そのため、最低でも給料の2か月分ほどの蓄えは必要となります。ましてや家族がいる場合は、さらに蓄えが必要になるため、会社を辞める決断は慎重に行ってください。